【絵本】英語の絵本を日常に上手に取り入れるコツ!親子で楽しめるオススメ本

小学校からの英語教育が本格的になってきましたね。

就学前から英語を勉強する子供も増えています。

「習い事で英語はまだ早い?」「勉強まではいかなくても、英語を身近に感じられる方法はない?」など、悩んでいる人もいるのでは?

そんな方にオススメなのが、英語の絵本!

絵本なら文は短かめ、絵も可愛くて、親子で楽しみながらページをめくることができます。

日本語の絵本と同じように、だんだんレベルアップしていけば、自然と英語を身近に感じることができます!

大人も子供も楽しく!英語の絵本を読んでみませんか?

日本語と英語バージョンを揃える

手っ取り早いのがこの方法!

日本語で読んだことのある絵本だったら、大人も子供も抵抗が少ないですよね?

まずは文章が短めの絵本から。

月齢が低い頃に読んだ絵本がオススメです!

日本でも人気の「はらぺこあおむし」シリーズなど、原作が英語のものは見つけやすかもしれませんね。

日常生活と結びつける

時計に興味を持ち始めた頃に購入しました。

長い針をどこに、短い針をどこに移動するか、これが何時を示しているのか。

登場人物達のストーリーも楽しい!。

このパジャマスクはアメリカでも人気の子ども向けアニメです。

 

この本はアメリカのお友達から、誕生日プレゼントにもらいました。

生活の様子が描かれていて、物の名前や場所、イベントの説明等が書かれています。

アメリカの家の構造、食べ物、季節や文化など、大人でも「なるほど」と思うことがたくさん。

季節や行事と結びつける

この本は現地の幼稚園で注文した本です。

ぺらぺらの紙ですが、お値段がお財布に優しい。

クリスマスの時期にぴったりの本です。

本の文章はそのまま歌の歌詞になってい、YouTubeなどで調べてみると音源を聞くことができます。

私は本の前に歌から入ったので、歌詞カード的なポジションでこの絵本を読んで楽しみました。

我が家のクリスマス定番ソングです!

 

子供の興味のある内容を選ぶ

当時 息子はショベルカー大好きな時期。

日本語バージョンを渡米前に購入して行ったのですが、アメリカの本屋さんで発見して即買い。

色鉛筆のような柔らかい絵に加え、言葉の言い回しに夢中になって読み比べをしました。

効果音も日米で表現が違うところも楽しみポイント!

何冊かシリーズになっています。

男の子は喜びそうですね。


それから、日本でもアニメ化されて大人気のパウパトロール!

アメリカでも大人気で、息子も毎朝見ていました。

スーパーで安くなっていたので思わず購入。

ちゃんとした文章になっているので、読んであげる大人は英語力がないとキツイです…。

内容はテレビで放送されたものがいくつか入っていたので、私は英語苦手ですがとても勉強になりました。

音声付きの絵本を探す

これは大人も子供も助かります。

大人は読まなくていいし、子供はきちんとした発音で読んでもらえる。

このセットはアメリカのCostcoで購入しました。

左が絵本(全8冊)、右が読み上げ機能付きタブレット(?)です。

読みたい絵本の表紙と同じ絵のボタンを押す→ページごとの記号と同じボタンを押す→次に進む合図があったらページをめくり、同じ記号を押す。

これを繰り返すと本文を読み上げてくれるのです!

とーっても便利だし、大人の勉強にもなる!

しかも普通の書店で買うよりも安い!

もしアメリカのCostcoに行く機会があったら、ブックコーナーをチェックしてみてくださいね。

まとめ

英語の絵本を自分で買うとなると、少しお値段が気になりますが…。

図書館で借りたり、中古を探すのも良いですね。

CDなど音声付きのものだと、読み聞かせが苦手な人でも大丈夫!

子供は耳からの吸収がメインなので、発音も良くなります。

重要なのは、大人も子供も楽しむこと!

「やらなきゃ」と思うと辛くなってしまいます。

絵本で見た単語を日常とつなげて、遊び感覚で取り入れると負担も少なくなるので、ぜひ取り入れてみてください。

関連記事

【絵本】年齢別、男の子にオススメ!0歳、1歳、2歳向け。子供と一緒に楽しもう!

【絵本】年齢別、男の子にオススメ。3歳、4歳、5歳向け。興味のあるものをどんどん読もう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です