CITTA手帳のワクワクLISTで2021年を集計して振り返ってみた

CITTA手帳 ワクワクリスト 振り返り

CITTA手帳には「ワクワクLIST」を書くページがあります。

見開き1ページに54個×12ヶ月=648個

1年間にこんなにワクワクを書きだすことになるんです。

もちろん重複OK!

私もたくさん重複していましたが、それだけそのものに対してワクワクしているという証拠。

書いているときは全然意識していなかったけど、振り返ってみると自分が無意識に気にしていることや、ワクワクするものの傾向が見えてきました。

CITTA手帳のワクワクLISTってなに?

CITTA手帳には、毎月ワクワクLISTのページがあって、見開き1ページに54個のワクワクすること書けちゃいます。

このワクワクLISTは、CITTA手帳の1番大切なパートで、「自分はどんなことに心が動くのか」ということを浮き彫りにする作業をするページです。

初めて書くときは54個書けないかもしれないし、とても時間がかかると思います。

でも、毎月書き出していくことで、自分の本音が出てきたり、強い思いに気づくことができるようになっくるんです!

私のCITTA手帳のワクワクLISTを少しだけ見せちゃいます!

2021年の、私のワクワクLISTを少しだけお見せしますね☆

これは2021年1月のワクワクLISTです。

もう、最高に楽しかったー!

最初は57個書き出せるか不安だったけど、書きはじめたら止まらなくて、もっと書きたかった(笑

左の黒で書いているのがワクワクLIST、右の青で書いているのが、なぜこれをワクワクLISTに書いたかの理由です。

ちなみに、ワクワクLISTを書き上げるのに約20分、理由を書くのに約15分かかっています。

書いた内容は、

○年間50記事かく

ブログ運営のこと、

○食洗機、ルンバ

欲しいもの、

○着物生活する、和のある生活

服や和のこと、

○背中、ストレッチ

体・健康に関することなど、ジャンル問わずいろいろ書きました。

ワクワクLISTを書くときのコツ

ワクワクLISTを書くときに、気をつけていたことを紹介します。

毎月書く日を決めておく

家事育児をしながら自分の時間を作るって、想像以上に難しいですよね。

CITTA手帳の最初のページにある言葉、「自分の未来の予約表」の通り、毎月この日はワクワクLISTを書く日と決めてしまいましょう!

マンスリーにも記入、ウィークリーにも時間を決めて自分に予約!

もちろん、どうしてもずらさなきゃいけないときはあると思います。

えも、一度記入すると「今日はワクワクLISTの日」と意識できるようになってきますよ。

毎月書けなくてもOK!

そうは言っても忙しいし、手帳を書く気になれない、、、

そんな時は、無理して書かなくてよし!

無理をして嫌々書いていると、ワクワクLISTを書くこと自体が嫌になってしまいます。

せっかく書くなら楽しく書きたいよね!

「ワクワクLIST書きたくて仕方ないー!」って気持ちで書けるように、忙しい時や体調の良くない時には、潔く書かないのもありですよ。

書くジャンルを決めておく

いきなり54個も書けないよー(泣

と思っているあなた!

ジャンルを決めておくと、結構すらすら書けちゃうんです。

参考までに、いくつかジャンルを紹介しますね。

  • 家族
  • 趣味
  • 健康
  • オシャレ
  • 欲しい物
  • 行きたい場所
  • 読みたい本
  • 食べたい物
  • 見たい映画
  • 会いたい人
  • 学びたい事

5個のジャンルごとに10個のワクワクリストを考えるだけで、50個も出てきます。

自分に合ったジャンルを選んでみてくださいね。

時間制限をする

ダラダラと考えていても嫌になってしまうので、タイマーをセットして一定の時間で区切ってみましょう。

最初は30分にセットして書いてみる。

書き終われば理由やいつ実現したいのかを書き加えていきます。

もし書けなくても落ち込まないで!

まだ書けそうだったら書き続ければいいし、「もう無理!」ってなったら、時間を空けて再チャレンジしても良し、今回は終わりにしても良し。

大切なのは「続けること」なので、今回書けなかったとしても気にしない!

段々と書けるようになっていきますよ。

理由も一緒に書き出す

余裕があれば、なぜこれをワクワクリストに書いたのか、理由も書いて置けるといいですね。

この項目について自然と深掘りできて、自分の本心に近づける方法なんです。

本当にやりていことなのか、なんとなくやってみたいのか、タイミングは今じゃないとかが見えてきます。

ワクワクLISTで成長する

初めてワクワクリストを書くときは、なかなか書き進められなくて、正直嫌になってしまうことがあるかもしれません。

それでも毎月書き続けていると、少しずつスラスラと書けるようになってきます。

そして、書けば書くほど自分の本音が出てきて、たくさんの気づきが出てくるんです。

1年書き続けてみると、実践できたこと、夢に近づいていることを実感できるはず!

手帳に書くことで行動できるようになって、夢に近づけます。

ぜひ、手帳を続けて今日よりも明日、成長しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA